kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット,断酒,ノンアルコール,Evernote,ライフハック,読書.音声入力

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

嫌酒の哲学

コロナ禍本番はこれから

1980年代の歌謡曲とか、ポップスの歌詞に頻繁に出て来た教科書、アスファルト、満員電車などなど、中央集権的な敵対キーワードが、すっかり無効化してしまいました。大切なことは、教科書には書かれていないよとか、アスファルトで固められた不自由はもう嫌…

いまさらデジタルトランスフォーメーションって…

日航機墜落事故から35年って、軽く気が遠くなりますが、それよりも驚くのは、Youtubeに残る事故関連の映像も、15年前とか20年前のものが多いことで、つまり、事故に関心があったのは、せいぜい2000年代までで、どんどん忘れられています。その日本航空もいよ…

よく眠るシラフの暇人

日本の感染拡大が抑えられてきたのは、ほとんどボディータッチしない文化、会話に重きが置かれないハイコンテクスト社会、土足禁止の住環境、独居率の高い世帯構成、要因としては、この辺りだと思います。逆に、感染拡大しやすい要因としては、アルコール規…

実態はGo To Drink キャンペーン

プレミアムフライデーの告知をするウェブサイトをのぞくと、コロナ前の1月で更新が止まっており、コロナは、プレミアムフライデーも終わらせてしまったかも知れません。コロナの前に、とっくに終わっていた説もありますが、経産省からすれば、コロナサマサマ…

“脱洗脳” という巨大ニーズ

米国のコロナ感染者数は、7月8日には一日で60000人を越える増加数になっており、拡大を続けています。中国発としてスタートした新型コロナウイルスは、気がつけば欧米の禍となってしまいました。米国が人類をリードするという幻想の終わりが、来たのかも知れ…

きれいごと上等

人類にとっての三大貨幣は、言質、女、マネーで、貨幣とは、人と人が価値を交換するメディアのことです。言質つまり言葉は、約束やルールで価値を交換しますし、村と村は、嫁を交換しますし、マネーは現代で最も通用する貨幣です。価値は、階級に直結します…

いきいき自主自律

私によれば、この世界はたんなる幻想なので、愛する者以外、いっさいは虚しいもの、特に国民国家のような19世紀の古い枠組みについては知ったことではなく、政財官学マスメディアでなにがあっても、基本は完全スルーです。コロナでこの世界がどうなるかも、…

みんなのシラフ

シラフは自由に繋がっていると思います。国民国家やアルコール製造産業は、お酒に酔うことが自由だと言い張りますが、私は真逆だと思っています。断酒も自由とは対極です。普通に自然に、アルコールを飲まないという態度が、とくに若者のあいだで定着しつつ…

3年先をいま生きる

時間を持て余すと、 Evernote の1年前、2年前、3年前の今日を見ます。 何も変わってないなもあれば、10年一昔の隔世の感を持つこともあります。コロナ以降は、隔世の感のほうを感じることが増えました。2017年ですら、遠い彼方の出来事に感じます。 なんとい…

ノンアルについての概念整理

コロナのせいか、最近日本でもお酒を飲まない生き方が、注目されています。徒手空拳日記でもかなりの文字量を割いて、お酒を飲まない価値について考えてきましたが、改めて、ノンアルコール生活について考えておきます。 投資家の藤野英人さんが提唱するゲコ…

お酒を飲まないニューノーマル(2020年6月7日日曜日)

投資家の藤野英人さんの著書『ゲコノミクス』を読んで、最近、この手の、アルコールを飲まないニューノーマルが、急速にざわざわしてきたなと思っています。いま思えば、昭和も平成も、酒は基本的に軍事物資でした。戦争や経済に向かって一致団結する為の薬…

Dry After Corona(5月9日土曜日、曇り)

アルコールは、もしそれを飲まないとすると、他になんの役に立つかというと、燃料と消毒で、特に新型コロナウイルスは、アルコールがウイルス表面のタンパク質を溶かしてしまうらしく、消毒用エタノールの供給が追いつかず、国内外の様々な会社が増産してい…

3月1日日曜日、晴れ

一般的に優れた戦略とは、バカな、と、なるほどのセットだと言われます。優れた戦略を知った人の第一印象は、まずは、バカな、と思うものの、その意図や目的を知ると、なるほどと思う、そういう第一印象の破綻が、合理的に回収されてはじめて、戦略は、機能…

2月16日日曜日、曇り

アメリカで、今年猛威をふるっているインフルエンザのなかに、てっきり対岸の火事だと思っていた、新型コロナウイルスも、もしかすると含まれているのかもしれないと、見えない敵への疑心暗鬼が、アメリカに広がっているようです。とりあえず、ロスアンゼル…

1月27日月曜日、曇り

YouTubeを観ていて、最近私が思うのは、多くの人が、矢鱈とためになることを、無料のクソ動画に求め過ぎでは? ということで、ユーチューバーも、再生回数欲しさに、エビデンスやファクトが必要とされるもっともらしい内容に、ぐいぐいと傾いているなあ、と…

1月21日火曜日、晴れ

アルコールをやめてから、体重が少しずつ、そしてかなり減りました。町田康も言ってますが、おっさんがやせると、周りからポジティブな反応はほとんどなく、「どこか、からだでも良くないのですか?」と聞かれます。おっさんがやせても、こいつ、やっと死ぬ…

1月12日日曜日、曇り時々雨

*Googleの音声読み上げ技術によるYouTube「徒手空拳日記チャンネル」はじめました。 文字読むのがだるい方はどうぞ。 徒手空拳日記チャンネル - YouTube 成人の日になると決まって、酒造業者が、大作家先生に高額なギャラを支払って、上から目線の、おため…

1月6日月曜日、晴れ

*Googleの音声読み上げ技術によるYouTube「徒手空拳日記チャンネル」はじめました。 文字読むのがだるい方はどうぞ。 徒手空拳日記チャンネル - YouTube 相変わらず、酒絡みの事件や事故がたくさん起きていて、容疑者や犯罪者になるまで酒を飲むって、どう…

1月2日木曜日、晴れ

*Googleの音声読み上げ技術によるYouTube「徒手空拳日記チャンネル」はじめました。 文字読むのがだるい方はどうぞ。 徒手空拳日記チャンネル - YouTube 今朝はやたら早起きをして、上野の森美術館のゴッホ展に出かけました。午前9時半の開場と同時に、人々…

12月27日金曜日、晴れ

音声入力によるバレット・ジャーナルで、この徒手空拳日記を、テスト運用しています。 つまりWorkflowyの箇条書きを見ながら、音声入力の一発録りで、このブログを書いています。 今日は12月も押し詰まってますので、大掃除ネタで「真の断捨離のためにやるべ…

12月24日火曜日、晴れ

今日はよく晴れた一日でした。風が強くて、寒くて、空が高い。高層階から関東平野の山の方を見たのですが、きれいに連なる山の端が遠くに見えました。 クリスマスは昔から嫌いです。いい思い出がひとつもない。特に思春期の頃は、世の中がバブルで、かえって…

12月17日火曜日、小雨のち曇り

酒を一滴も飲まない「無滴の人」になり、社会人の無価値に気づく、良い意味で「無敵の人」になってから、酒を飲んで矢鱈とハイになる集団が、心底苦手になった。 12月の街には夜になると集団発狂している肉袋ばかりなので、できるだけ早めに電車に乗り、速攻…

12月12日木曜日、曇り

今年の漢字、まだやってんのか。流行語大賞とともに中の人のとにかく「怒られたくない」怯え、震えがビンビン伝わってきて全然楽しくない。怒られないものしか選べないのなら、もうやめたら? もうこりゃ完全スルーだな。「今年の漢字スルー」と「流行語大賞…

12月8日日曜日、晴れ

「飲みたいな、でも飲んではいけないな」というレベルで考えていると、やめられないんです。飲みたいという気持ちの根底は何なのか、自分の中で考えることが酒をやめるひとつの方法だったのかな。 ※ 「酒をやめた最大のメリットは『早く終わらせたい』と焦ら…

12月4日水曜日、晴れ

「桜を見る会」が地上波で取り上げられると、今年4月当日の安倍晋三が新宿御苑を小走りしている映像が繰り返し使われているんだけど、「走る=忙しい=偉い」という図式が読み取れて、これも「寝てない=忙しい=偉い」と同じクソな朱子学カルト三段論法。 街…

12月3日火曜日、晴れ

睡眠のトラッキングが、最近はコンスタントに80点以上になってきたし、ほとんど毎日、7〜8時間眠っている。アルコールやめてから何が変わったかと言えば、睡眠が変わった。長く深く眠ることができて、眠るのが楽しくなった。フロ、メシ、ネルは人間にとって…

11月27日水曜日、小雨

小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も - 毎日新聞 組み体操「人間起こし」全国で事故多発 専門家「非常に危険」 | NHKニュース 気の遠くなるような朱子学カルト、子どもへの体罰、組体操が出来なくな…

11月25日月曜日、曇り

消費税という人頭税の125%アップを契機に、吉幾三『おら東京さ行くだ』歌詞における青森みたいなアーベイン・ライフスタイルに近づけていこうとしてる私、テレビもねえ、ラジオもねえ、バーもねえ、巡査(おまわり)毎日ぐーるぐる。 インターネット経済やグ…

11月21日木曜日、晴れ

N国党の丸山穂高氏が皇室行事で泥酔か 本人は否定 - 産経ニュース 否認の病としてのアルコール依存症は、泥酔している当事者に、その場で周りが諌めてもムダなので、その場では映像記録、音声記録を残すべし。証拠なければ漏れなく水掛け論になる。国会議員…

11月18日月曜日、晴れ

町田康『しらふで生きる』を読みながら、改めて酒をやめることのむつかしさを考える。酒をやめたいとまで思う人は、だいたい酒を飲むことそのものが生存理由になってしまっており、禁酒とは生きる目的の禁止に近いものであり、要は、人生の禁止である。 町田…